プロの印刷屋の独り言

印刷のプロから見た印刷業会のことや印刷トラブル、印刷技術情報や印刷通販の選び方などをお伝えします。

見える化なんて、とんでもない

数年前から

印刷会社も経営に見える化を取り入れているところがあります。

 

全ての業務に見える化を導入して、

無駄を省く、生産性の向上、社員のやる気を引き出す、

色々メリットが有るのでしょう。

 

デジタル時代なので

進捗や管理も全てデジタル。

 

ところが、

未だに全てがアナログの印刷会社もあるのです。

 

見積もりも手書き、

受注伝票も手書き、

請求書も手書き、

発注書も手書きでファックス。

全てがアナログなのです。

 

デジタルならしなくて良い仕事が

アナログでは時間が掛かります。

 

昔は儲かっていたから、通用してましたが、

今の時代では非効率で経営も悪化し、

当然のことながら、倒産します。(しました)

 

仕事の中で、一番時間を節約しないといけないのが、

何かを探す時間だと思います。

 

デジタルなら、検索すれば一瞬で見つかります。

 

再版のデータもデータベースで管理していれば、

1分以内に探し出せます。

 

何故倒産するまで、アナログだったのでしょうか?

社内に詳しい人が居なかったのか、

それとも昔ながらの仕事の方がやりやすかったのか、

まあ、両方ですかね?